秋の気象と健康の関係

Pocket

健康は、季節の変わり目と気圧の変化に左右

image

  • 夏の暑い季節・・・
  • 冬の厳しい寒さ・・・
  • 春の花粉の季節・・・

そして、秋は過ごしやすく、食べものも美味しい季節で私は秋が好きです。

 

実りの秋、果物、キノコやサンマなど美味しい季節ですよね。

 

中国のことわざにもある通り

「天高く馬肥ゆる秋」とは、秋は空気も澄んでいて空も高く感じられ、

馬も越える肥えるような収穫の季節という意味からも、

秋は秋晴れの快適な気候に入ります。

 

しかし夏から秋に気候の変化に体調を崩しやす時でもあります。

 

秋は夏の暑い時期に疲れた、身体の回復の時期でもあります。

しっかりと真夏の暑さで、弱った体を休ませて厳しい冬に備えるという

自然のサイクル。

 

免疫力を高めて、健康管理をきちんと行う必要があります

 

秋の健康管理とは

秋の天気は春の天気に似て、雨を周期的に繰りかえる事が特徴です。

  • 秋の長雨
  • 秋の台風
  • 秋晴れ

など、秋の季節の言葉もあります。

 

大型台風は9月~10月にかけて襲来することが多く、

台風の発生は秋雨前線を刺激して、集中豪雨になります。

 

雨の日には古傷が痛む

これは、雨の降る前や台風を発生する気圧が低下することが原因です。

 

気圧が低下すると病気やアレルギー疾患などを引き起こしやすいので、

季節の変わり目は体調を崩しやすくなります。

 

ご年配の方は体力がない分、季節の変わり目には特に、

風邪をひきやすくなったり、ぜんそくを引き起こしやすくなりますので、

体調管理はこれからの時期は休養も大切ですね。

 

秋バテとは?

朝晩の寒さと、日中の暑さが残る9月。

1日の気温差があり、身体が気温の変化に対応出来ずに疲労感を感じ、

そのままの状態で無理をすると体調をこじらせます。

 

自律神経は、体調を緊張させてエネルギーの消費を担う交感神経と

身体を休ませて、エネルギーの交換を担う副交感神経の2種類があります。

 

それぞれが相反した働きをしています。

 

秋になり、日中の温度差が続くと・・・

自律神経の働きが乱れ

  1. 食欲不振
  2. 下痢
  3. 便秘
  4. 慢性疲労
  5. 抜け毛(夏の紫外線によるダメージによる)

など、未病を感じたら秋バテです。

 

そんな時は、身体をゆっくり休ませてあげましょう。

 

秋は、厳しい冬を迎える準備期間。

体力の低下を穏やかな秋に、きちんと体のメンテナンスをして、

冬に風邪などひかない身体づくりをする季節でもあります。

 

秋の夜長と読書の秋です。

ゆっくりと、お茶でも飲みながら・・・

 

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

*

アーカイブ

管理人: maky
プロフィール

 
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ
にほんブログ村
 
★応援ぽちっと励みになります

王道十和子肌

▲トップへ戻る