ダイエット中に太る方は便秘が原因、プロバイオティクスを積極的に!

Pocket

便秘退治に効果を上げるサプリ使いのコツ

image

ダイエットをしているのに体重の減少がみられない。

食べていないのに、かえって不思議と体重が増えるなんて事はよくあります。

おもな、原因は便秘です。

食べる量は減っても、体の中に蓄積されてとどまった状態です。

 

食事制限をすると、食事量の減少とともに、

食物繊維の営養素量が減るための現象です。

 

食物繊維の働きは、便の量を増やし、

腸のぜん動運動を活発にして便の通りをよくして快便にします。

 

さらに、腸の粘膜に働きかけてバリア機能も高めてくれる効果もある栄養素です。

 

便秘により体の中に便が溜まると、

体温でだんだんと腸の中で腐敗して有害物質として分解されます。

 

有害物質は血液を通して、全身に行きわたります。

 

症状としては

  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 口臭

 

自覚症状としては

有害物質に分解される際にガスが発生してくるので、

お腹にハリが感じられるでしょう。

 

便秘は体にはとても悪影響を及ぼします

便秘を退治するには、腸内環境を整え腸の活動を活発にする。

プロバイオティクと呼ばれる乳酸菌やビフィズス菌のサプリを使うと効果的です。

 

プロバイオティクの記事はこちら

image

 

プロバイオティクスの沢山はいった発酵食品を普段から頂き、

サプリを併用すれば腸内環境は整います。

 

発酵食品

  • 納豆
  • チーズ
  • 乳酸菌飲料
  • キムチ
  • 漬物など

 

ダイエット中には食物繊維や、プロバイオティクスを手軽にとれるサプリを

取り入れる事で、ダイエット中の便秘解消につながります。

 

食物繊維たっぷりサプリ記事はこちら

image

 

腸内環境が整うと、こんなに快適

  • ダイエット効果
  • 便秘の解消
  • 有害物質の排出
  • 血糖値を下げる

肥満は食べ過ぎが大きな原因ですが、食事制限ばかりのダイエット、

カリーコントロールをすればいいというものでもなく、

食事内容や生活習慣を見直すことでもダイエット効果が期待されます。

 

過激な食事制限で一時的な体重が減少して喜んでいても、

体の中では健康障害を引き起こすことがあります。

 

毎日の体に必要な栄養を十分に取り入れて

脂肪を燃焼させやすい身体にすれば肥満は防げます。

 

体脂肪を燃やすのに必要なビタミンやミネラルが不足してくると、

食べなくても太りやすい体になります。

 

大事ななのは、食事でとりいれた分の消費、体脂肪がきちんと燃える体。

 

太りにくい体を手に入れる事が、一時的なダイエット効果ではなく、

長く太らない体になっていきます。

 

その為には、毎日の食生活、生活環境やサプリなど上手に取り入れていきましょう。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

*

アーカイブ

管理人: maky
プロフィール

 
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ
にほんブログ村
 
★応援ぽちっと励みになります

王道十和子肌

▲トップへ戻る